衆院選、露メディアも速報 「幹事長交代は不可避」

産経ニュース
【衆院選2021 政治 投開票】取材に臨む自民党・甘利明幹事長=10月31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
【衆院選2021 政治 投開票】取材に臨む自民党・甘利明幹事長=10月31日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

【モスクワ=小野田雄一】31日に投開票された衆院選の経過を露メディアも速報した。事実関係の報道が中心で、停滞している日露平和条約締結交渉への影響などに関する分析は出ていない。

タス通信は、自民党と公明党の与党側が当初の苦戦の予想を覆し、過半数を確保するのが確実になったと速報。自民党の甘利明幹事長が小選挙区で落選したとも伝え、「岸田文雄首相は幹事長を交代させざるを得ないだろう」と観測した。経済紙コメルサントなども与党側の勝利を伝えた。

一方、日露平和条約交渉をめぐって露専門家の間では、北方領土の帰属をめぐる両国の立場が根本的に違うことから、衆院選後も目立った進展はありえないとの見方が支配的だ。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」