東・北日本で大気不安定 寒気入り、落雷や突風恐れ

産経ニュース

東日本と北日本では2日にかけて、上空に寒気が入る影響で、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は1日、落雷や激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼び掛けた。

気象庁によると、2日にかけて、東日本の上空約5500メートルに氷点下18度以下、北日本に氷点下24度以下の寒気が流れ込む。

真っ黒な雲が近づいたり急に冷たい風が吹いたりして、発達した積乱雲が接近する兆しがある場合は、建物内など安全な場所に逃げるよう求めている。ひょうに備え、農作物や農業施設でも注意が必要だ。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…