日本維新の会、衆院で第3党に大躍進 衆院選、41議席に松井代表「実績積み上げるべくスタート」 吉村旋風が「橋下超え」

zakzak

その結果、地盤の大阪で圧勝しただけでなく、比例代表の東京や南関東ブロックでも複数の議席を確保するなど、全国的な支持が広がった。

維新は、安倍晋三元首相や菅義偉前首相とは太いパイプがあり、与党に協力するケースもあったが、岸田文雄政権とは距離を置いた。

岸田首相の看板政策である「新しい資本主義」や、分配を重視する政策に関し、「質問しても、何の話か一切分からない」と無遠慮に指摘するなど厳しい姿勢が目立った。

立憲民主党と共産党との共闘も猛批判した。

松井氏は、夕刊フジの人気連載「維新伝心」(隔週水曜)でも、「国政政党にとって、国民の生命と財産を守り抜く外交姿勢と防衛政策は極めて重要」「共産党は綱領に『日米安保廃棄』『自衛隊解消』を掲げている」「立憲民主党はこれを容認するのか」などと指摘した。

法案を単独で提出できる議席を獲得した維新はキャスチングボートを握って、国会での影響力を強めたい考えだが、自公両党は絶対安定多数を確保した。

松井氏は「今回は与党の勝利だ」と認めたうえで、来年夏の参院選を見据えながら、「さまざまな形で政府提案に対して交渉していきたい」と強調している。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表