立民の階氏、試練乗り越え6選 岩手1区

産経ニュース
岩手1区で当選を確実にし、地元の労働組合幹部らと万歳する立民前職の階猛氏(中) =31日、盛岡市(石田征広撮影)
岩手1区で当選を確実にし、地元の労働組合幹部らと万歳する立民前職の階猛氏(中) =31日、盛岡市(石田征広撮影)

立民前職の階猛氏(55)が、自民前職の高橋比奈子氏(63)と共産新人の吉田恭子氏(40)を退け、6選を確実にした。

政治資金をめぐり係争中の立民県連(小沢一郎代表)が独自の新人候補を擁立し、最大の支援団体である連合岩手の推薦をめぐっても県連と対立。結局、党本部が階氏の公認を決定し、県連擁立の新人候補も比例単独に回るなど分裂選挙は回避した。

当選確実の一報を受け、盛岡市内のホテルに集まった支持者を前に階氏は「私自身はなんのやましいこともないし、今までにやってきたことに自信を持って選挙戦に臨んだ。また全力でみなさんのお役に立てる仕事をしたい」と話した。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗