藤井聡太三冠、史上最年少4冠王手 豊島竜王に無傷3連勝/将棋

サンスポ
藤井聡太三冠
藤井聡太三冠

将棋の藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=が挑戦する第34期竜王戦七番勝負第3局は30、31日の両日、福島県いわき市で指され、先手番の藤井三冠が93手で豊島将之竜王(31)を下した。開幕3連勝で初の竜王位奪取へ王手をかけた。

「本局は分からないことが多かった」

勝利後、藤井三冠は対局をそう振り返ったが、落ち着いた表情は変わらなかった。第2日は31日午前9時、前日に豊島竜王が封じた46手目の△3三金から再開。難解で互角の中盤戦が続いたが、途切れない攻めで差を広げ、豊島竜王を投了に追い込んだ。

今夏の王位戦と叡王戦から続く、豊島竜王との「十九番勝負」。これで5連勝と勢いは増すばかりだ。次局で勝てば羽生善治九段(51)が持つ22歳9カ月の最年少4冠記録を更新し、初の10代4冠に輝く。竜王位を含め現在最多の4冠保持となれば、棋界の序列1位にも躍り出る。

それでも19歳は「判断力がまだ足りないのかなと思う。次局までに修正して臨めれば」。第4局(山口県宇部市)は11月12、13日。注目の大一番に挑む。(丸山汎)

◆豊島将之竜王 「(序盤も)研究していたが、どこでまずくしたかちょっと分からない。あまり自信が持てなかった。(相手の61手目で)▲2二角と打たれて厳しいと思った。内容を良くして、一局でも多く指せるようにと思います」

  1. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  2. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗