大阪15区 維新・浦野氏が三つどもえ制す

産経ニュース

衆院選大阪15区は、2回連続で比例復活の維新前職、浦野靖人氏(48)が自民新人の加納陽之助氏(41)らとの三つどもえを制した。

浦野氏は国会での実績に加え、「しがらみのない維新だからこそ思い切った改革ができる」と訴え、無党派層も含めた幅広い支持を獲得。念願の選挙区での当選につながった。

加納氏は引退した竹本直一元IT・科学技術担当相の後継として自公政権の継続を掲げたものの、最後まで知名度不足が響いたとみられ、支持を固めることができなかった。

共産新人の為仁史氏(72)は野党連合政権の実現を呼びかけたものの、思うようには伸びなかった。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【奈良小1女児殺害・父親講演詳報㊦】もし叶うなら「ぎゅっと抱きしめたい」今もそばに