「2021年ヒット消費番付」発表 大関「ペット関連」「映画・動画」、横綱は?

ITメディア
三井住友カードが「キャッシュレスデータで見る、2021年ヒット消費番付」を発表
三井住友カードが「キャッシュレスデータで見る、2021年ヒット消費番付」を発表

三井住友カード(東京都江東区)は、同社が保有するキャッシュレスデータをもとに、2019年から21年における消費の伸び率から作成した「キャッシュレスデータで見る、2021年ヒット消費番付」を発表した。

リアル店舗、オンライン両方で横綱となったのは「生鮮食品」で、リアル店舗では+142%、オンラインでは+160%の伸び率だった。コロナ禍における外食自粛の影響で巣ごもり消費が増加し、特にオンラインによる食品宅配サービスの利用が伸長した。

大関はリアル店舗が「ペット関連」(+120%)、オンラインが「映画・動画」(+107%)だった。こちらもステイホームによる巣ごもり消費の影響で、決済金額が増加した。

関脇はリアル店舗が「コンビニ食品」で+74%の伸び率だった。同社の分析によると、生鮮食品は19年から20年に伸長した一方、コンビニ食品は20年から21年に大きく伸びたことが判明。ステイホームによる中食需要や、コンビニスイーツの流行などが伸び率に寄与した。一方、関脇のオンラインには「ホビー・娯楽品」(+71%)がランクインした。

小結はリアル店舗が「飲食店テイクアウト」(+63%)、オンラインが「アプリ課金」(+64%)で、「おうち時間」を充実させるための消費活動が活発だったことがうかがえる。

関東はオンラインシフト志向、関西はリアル消費志向

また、リアル消費とオンライン消費について、全国平均を100としたときの一人あたりの消費金額の多さをグラフ化したところ、関東はオンラインシフト志向、関西はリアル消費志向だったことが分かった。

リアル、オンラインどちらも全国平均より高かったのは東京で、オンラインが約1.2倍、リアル店舗が約1.15倍だった。その一方、関西のオンライン消費金額は全国と比べて 低いが、リアル消費金額は全国平均より高く、リアル店舗での消費が強いことが見て取れた。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除され、徐々に人出が増加傾向にある。コロナ禍で激減した旅行や外食などの消費は、どう変化するのか。

関連記事
  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿