渋野日向子、プレーオフをイーグルで制し優勝「手に汗を握るような戦い」/国内女子

サンスポ
プレーオフを制し、優勝トロフィーを手に記念撮影におさまる渋野日向子=埼玉県飯能市の武蔵丘ゴルフコース(撮影・戸加里真司)
プレーオフを制し、優勝トロフィーを手に記念撮影におさまる渋野日向子=埼玉県飯能市の武蔵丘ゴルフコース(撮影・戸加里真司)
その他の写真を見る (1/13枚)

樋口久子 三菱電機レディス最終日(31日、埼玉・武蔵丘GC=6650ヤード、パー72)渋野日向子(22)=サントリー=が通算9アンダーで並んだペ・ソンウ(27)=韓国=とのプレーオフを1ホール目で制し、今季2勝目、日米通算7勝目(日本6勝)を挙げた。

18番(パー5)で行われたプレーオフ1ホール目。1打目は2人ともフェアウエーに乗せた。2打目はペがグリーン手前のカラーに乗せ、渋野は2オン。ピンから3メートルにつけた。ぺがイーグルパットを外した後、渋野のパットは静かにホールに吸い込まれ、イーグル。入る前から優勝を確信したように、大きく右手でガッツポーズを見せた。

表彰式で白のチャンピオンブレザーを着た渋野は満面の笑み。「スタートから手に汗を握るような戦いだった。こういう結果になってうれしい」と喜びを爆発させた。


  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは