週間BSマップ

イッセー尾形が考える宮沢賢治 「SWITCH TV file.3 イッセー尾形」(10月30日(土)午後11時BS朝日)

「SWITCH TV file.3 イッセー尾形」
「SWITCH TV file.3 イッセー尾形」

 30日午後11時からBS朝日で放送されるのが、「SWITCH TV file.3 イッセー尾形」です。創刊36年のカルチャー誌「SWITCH」が贈る、表現者の人生をインタビューと映像で追いかけるドキュメンタリーです。

 90年代、私が落語家になる前は大師匠である立川談志や上岡龍太郎さんなど、芸にうるさい人がイッセー尾形さんを評価していました。私の師匠、志らくも大変な影響を受けていたのを覚えております。実にスマートで、“東京の芸”という印象があります。それでいて、ハマると爆笑してしまうような表現があって、私も大好きです。

 私にとって、イッセーさんはご近所さんなのですが、今まで一度しかお見かけしたことがないのです。きっと大勢の中にいると溶け込んでしまう術を持っているからでしょう。

 イッセーさんの一人芝居のテーマは多岐にわたるのですが、一貫しているのは主人公ではなく傍らに生きる人々への眼差し。この番組では、文豪シリーズで演じた宮沢賢治への思いを、岩手を旅しながら深めていきます。

 イッセーさんにとっては、「賢治の詩は難解で自分の体の中に入ってなかなか肉とならない」とのこと。岩手を歩きながら、スケッチをしながら、朗読をしながらイッセーさんは考えます。そこには想像以上の美しい風景が広がっています。賢治作品の「風の又三郎」、「銀河鉄道の夜」のモチーフになった種山ヶ原では、「SWITCH」の編集長、新井敏記さんと焚き火を囲んで対談。ほとんど自分を語らないできたイッセーさんに、創作の秘密を問います。

 さらに番組では、イッセーさんが作ったジョバンニとカンパネルラの人形で物語る「銀河鉄道の夜」を初公開。

 宮沢賢治が夢見た世界とは? イッセー尾形が創る世界とは? 美しい風景が二人を包んでいて、印象的です。 (立川志らべ)

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿