日本ハム、新庄監督は大きな賭け 超ド級の就任発表もOB「選手より監督が目立って成功した例は少ない」

 プロ野球3球団が示し合わせたかのように来季新監督を発表した29日、超ド級のニュースは日本ハムの新庄剛志氏(49)の監督就任発表だろう。

 この日午後1時から中日・立浪和義監督(52)、ソフトバンク・藤本博史監督(57)の就任会見が開かれたが、その1時間後に正式発表。19分後には新庄氏が自身のSNSで「プロ野球の存在意義は そこの街に住む人達の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活を少しだけ豊かにする事に他なりません その裏側に誰を笑顔にするかを常に心に秘めて 新庄剛志らしく突き進んで生きます!」(原文まま)と報告した。

 阪神、米大リーグを経て2004年から3年間、日本ハムに在籍した際はかぶり物など型破りなパフォーマンスで世間の目を引いた一方で、後輩とも密にコミュニケーションを取りながらチームを引っ張った。引退後は球界から距離を置いていたが昨年12月、12球団合同トライアウト(入団テスト)に参加。虎戦士の後輩で戦力外となった伊藤隼太(現四国IL・愛媛)に「夢は絶対追いかけろ。自分でつかみにいかないとつかめない」と鼓舞したが、1年もたたずに自ら「夢」をかなえた格好だ。

 だが、周囲は現役時代そのままのスタイルで成功するか不安げだ。新庄氏を現役時代から知る日本ハムの古株OBは「監督に就いたのは相当インパクトは大きいが、球団は一か八かの大勝負に出たと思う。中田(翔)の件を含め、ダークなイメージを何としても払拭したい意向が強い」と見るが、続けて「選手、タレントならそのままでいいけどね。プロ野球の世界は選手より監督が目立って成功した例は少ない」と危惧する。

 抜群の知名度を生かしながらファンの心をつかみつつ、選手相手にはあくまで引き立たせる黒子に徹することができるか。

(山戸英州)

zakzak

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは