ヤクルト・村上、4の0…2冠最終戦へ持ち越し

サンスポ
9回、空振り三振に倒れ悔しげな表情を見せるヤクルト・村上=マツダスタジアム(撮影・長尾みなみ)
9回、空振り三振に倒れ悔しげな表情を見せるヤクルト・村上=マツダスタジアム(撮影・長尾みなみ)

(セ・リーグ、広島4-1ヤクルト、24回戦、ヤクルト14勝7敗3分、29日、マツダ)39本塁打でリーグトップに並び、112打点で巨人・岡本和を1差で追う村上は4打数無安打に終わった。史上最年少の21歳シーズンでの40本塁打到達を含め、2冠は11月1日の今季最終戦(対広島、神宮)に持ち越し。かつて「結果は最後についてくる。とにかく目の前の試合を一生懸命頑張りたい」と口にしていた主砲は、本拠地で快挙達成に挑む。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗