ブレーブスが2勝1敗に アストロズに2-0 Wシリーズ第3戦

産経ニュース
アストロズ戦の3回、ライリーの先制二塁打で生還し、チームメートに迎えられるブレーブスのロサリオ(中央)=アトランタ(共同)
アストロズ戦の3回、ライリーの先制二塁打で生還し、チームメートに迎えられるブレーブスのロサリオ(中央)=アトランタ(共同)

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)第3戦は29日、気温10度、冷たい霧雨の降るアトランタで行われ、本拠のブレーブス(ナ・リーグ)が2-0でアストロズ(ア・リーグ)を下し、対戦成績を2勝1敗とした。

ブレーブスは三回にライリーの三塁線を破る二塁打で1点を先行、八回には7番ダーノーがセンターへソロ本塁打を放って2点差、最後は守護神の左腕スミスが抑えて逃げ切った。アストロズは自慢の打線がブレーブスの繰り出した5投手に七回まで無安打のわずか2安打と沈黙した。

第4戦は30日(日本時間31日)に同地で行われる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性