藤井三冠、最初のおやつはいわき市の銘菓「じゃんがら」/将棋

サンスポ
竜王戦第3局、藤井聡太三冠の午前のおやつは地元いわき市の銘菓「じゃんがら」とアイスコーヒー=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)
竜王戦第3局、藤井聡太三冠の午前のおやつは地元いわき市の銘菓「じゃんがら」とアイスコーヒー=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太三冠(19)=棋聖・王位・叡王=が豊島将之竜王(31)に挑戦する第34期竜王戦七番勝負第3局の第1日は、30日に福島県いわき市で始まった。

竜王戦七番勝負第3局は、挑戦者・藤井聡太三冠(左)の先手番で始まった。右は豊島将之竜王=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)
竜王戦七番勝負第3局は、挑戦者・藤井聡太三冠(左)の先手番で始まった。右は豊島将之竜王=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)

開幕から2連勝で臨んだ藤井三冠は先手番。いつもの通りにお茶を一口飲んでから、初手は▲2六歩。豊島竜王も△8四歩と互いに飛車先の歩を突いて始まり、本局の戦型は、両者の対決では7局ぶりに角換わりへと進んだ。

午前10時には最初のおやつが届けられ、両者はいったん控室へと足を運んだ。藤井三冠は地元いわき市の銘菓「じゃんがら」(和菓子)とアイスコーヒーを注文。豊島竜王はいつもの通りに好物の「旬のフルーツの盛り合わせ」とホットレモンティーを頼んだ。

竜王戦第3局、豊島将之竜王は午前のおやつに「旬のフルーツ盛り合わせ」とホットレモンティーを選んだ=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)
竜王戦第3局、豊島将之竜王は午前のおやつに「旬のフルーツ盛り合わせ」とホットレモンティーを選んだ=30日、福島県いわき市(日本将棋連盟提供)

名人戦と並んで棋界最高峰のタイトル戦である竜王戦。藤井三冠は本局で勝利すれば史上初の10代四冠に王手をかける。竜王戦七番勝負は2日制で持ち時間は各8時間。第1日は午後6時に「封じ手」が行われる。


  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走