NHK大河ドラマ「青天を衝け」10月31日第33話あらすじ 銀行乗っ取りを目論む三野村と栄一が大勝負

iza
栄一(吉沢亮、左)と徳川慶喜(草なぎ剛) (C)NHK
栄一(吉沢亮、左)と徳川慶喜(草なぎ剛) (C)NHK

俳優の吉沢亮が主演を務め、「日本資本主義の父」と言われ、新一万円札の顔ともなる実業家、渋沢栄一の人生を描くNHK大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~)。これまでの内容を振り返りながら、31日に放送される第33話のあらすじを紹介する。この日のNHK総合では、午後7時55分から「衆院選開票速報2021」が放送されるため、ドラマは午後7時10分からのオンエアになる。

先週の第32話「栄一、銀行を作る」(24日放送)で、栄一(吉沢)は明治政府を辞め、第一国立銀行の総監役として、新たな道を歩み始める。開業後、駆けつけた実業家の五代友厚(ディーン・フジオカ)は「“商いは化け物”、魑魅魍魎が跋扈している」と栄一に助言する。

そんななか、栄一の母、ゑい(和久井映見)が体調を崩し、東京で暮らす栄一のもとに身を寄せることに。ゑいは栄一や栄一の妻、千代(橋本愛)らに見守られるなか、静かに息を引き取った。

一方、相変わらず世の中は安定せず、岩倉具視(山内圭哉)暗殺未遂事件や、江藤新平(増田修一朗)による佐賀の乱が起き、不平士族たちが不穏な動きを見せていた。また、大蔵卿に就任した大隈重信(大倉孝二)は、三菱を率いる岩崎弥太郎(中村芝翫)と結びつきを強めており、三菱は、台湾への兵と物資の輸送を任されるなど、海運業で急成長を遂げていた。

第33話のサブタイトルは「論語と算盤(そろばん)」だ。

第一国立銀行の大株主、小野組が放漫経営で倒産する。小野組に無担保で多額の貸しつけをしていた第一国立銀行も、連鎖倒産の危機に陥る。

さらに、三野村利左衛門(イッセー尾形)率いる三井が、この機に乗じて第一国立銀行を乗っ取ろうとする。銀行を守るため、栄一は、三野村との一世一代の大勝負に出る。

一方、栄一の従兄の喜作(高良健吾)は、主要な輸出品である蚕卵紙を値崩れさせようと、横浜の外国商館が口裏を合わせて買い控えをし始めたことに憤慨していた。


  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  3. 9年ぶり復活タフネスケータイ「G'zOne」10日発売 バイク乗りや釣り人歓迎「タフネス携帯一択」「トルクからの乗り換え候補」「iPhoneででたら即買い」

  4. 【実録・人間劇場】ニュー西成編(4) 「ユンボの手元」…解体現場での背筋が凍る話 寄せ場は快適?晩飯は抜群にうまい手作りビュッフェ

  5. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人