74.1%がテレワーク勤務なのに「出社しないとできない業務がある」と回答 どんな業務?

ITメディア
トレンドリサーチとキャムは「テレワーク」に関する調査を実施した(画像:ゲッティイメージズより)
トレンドリサーチとキャムは「テレワーク」に関する調査を実施した(画像:ゲッティイメージズより)

NEXER(東京都豊島区)が運営する日本トレンドリサーチと中小企業向けクラウドERP「キャムマックス」を提供するキャム(福岡市)は、テレワーク導入企業に勤務する男女に対して、「テレワーク」に関する調査を実施した。その結果、74.1%がテレワーク勤務にもかかわらず、出社しなければできない業務を抱えていることが分かった。

テレワークの実施率については、81%の人が「テレワークをしている」と回答。一方、テレワーク導入企業にもかかわらず「テレワークをしていない」と回答した人も19%に上った。

テレワーク実施率を調査(出典:日本トレンドリサーチ「テレワーク」に関するアンケート)
テレワーク実施率を調査(出典:日本トレンドリサーチ「テレワーク」に関するアンケート)

「出社しなければできない業務がある」と回答した74.1%に対し、どのような業務があるのか尋ねた。「郵便物の受け取り」(20代男性)、「お客さんとの取引、信頼を得るため」(30代女性)、「調印や稟議決済のための押印」(50代男性)や「自分のPCから印刷をしたい時、会社のプリンターでしか印刷ができない」(50代女性)などが挙げられた。

自由回答には、「印鑑を押しに行くため」という意見も多く、社外秘の資料や重要な書類への押印などからの出社が発生していることが分かる。そのほか、「お客さんとの取引」など、コロナ禍でオンライン商談などが加速した一方、まだまだ重要な取引は”信頼”の観点から対面を重視している企業があることがうかがえた。

■普段出社している人は、なぜテレワークできない?

また、普段テレワークをしていない人に普段の業務がテレワークでもできるか尋ねた。過半数の54.4%が「できるとは思わない」と回答。24.6%は「システムが整えばできると思う」、21.1%は「システムがすでに整っているのでできると思う」と答えた。

必要なシステムに関する自由回答では「社内ネットワークに接続できるシステム」(30代男性)や「オンラインで会議や朝礼が受けられるシステム」(40代女性)、「伝票類を電子化する」(40代女性)などの意見が挙げられた。

調査は、テレワークを実施している職場に勤めていると回答した男女300人を対象に実施。同社が運営するアンケートサイト「ボイスノート」上で調査した。期間は10月19~21日。

関連記事
  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性