桃田、山口らが準決勝進出 バドミントンのフランスOP

産経ニュース

バドミントンのフランス・オープンは29日、パリで各種目の準々決勝が行われ、シングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)はインドネシア選手、常山幹太(トナミ運輸)は香港選手に勝って準決勝へ進んだ。女子の山口茜(再春館製薬所)、高橋沙也加(日本ユニシス)はともにタイ選手を下して4強入り。

ダブルスの混合は東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がマレーシアのペアにストレート勝ちした。女子の福島由紀(丸杉)、東野組、松山奈未、志田千陽組(再春館製薬所)もそろって準決勝進出。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」