東京株、午前終値は小幅続落

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

29日午前の東京株式市場の日経平均株価は小幅続落して取引を終えた。前日に発表された米アップルや米アマゾン・コムの7~9月期決算が市場予想を下回ったことが意識され、東京市場でもハイテク株などを中心に売りが先行した。前日終値に比べた下げ幅は一時300円を超えたが、引けにかけては値を戻した。

日経平均株価の午前終値は前日終値比27円56銭安の2万8792円53銭、東証株価指数(TOPIX)は4・20ポイント安の1995・46だった。

31日に衆院選の投開票を控えており、様子見ムードも強く、朝方は前日水準を挟んでの小動きが続いていたが、その後は米アップルの決算が市場予想を下回ったことで投資家の不安が高まった。一方、9月中間決算で好業績だった企業などには買いも入り、相場を下支えした。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走