「全力プレーの12歳がそのまま大人に」「この世のものとは思えない」 選手選出MVPエンゼルス・大谷に賛辞の嵐

サンスポ
米大リーグ選手会による年間最優秀選手とア・リーグの最優秀野手のダブル受賞を果たし、喜びを語るエンゼルスの大谷翔平(選手会のツイッターから)(共同)
米大リーグ選手会による年間最優秀選手とア・リーグの最優秀野手のダブル受賞を果たし、喜びを語るエンゼルスの大谷翔平(選手会のツイッターから)(共同)

【アトランタ(米ジョージア州)28日(日本時間29日)=山田結軌】米大リーグ選手会は選手間投票による今季の各賞を発表し、投打二刀流で大活躍したエンゼルスの大谷翔平投手(27)が日本選手では初めて年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた。さらに、ア・リーグ最優秀野手賞も受賞。こちらは、2004年のイチロー(マリナーズ)以来2人目。ダブル受賞で26日(同27日)に発表されたコミッショナー特別表彰も含めて、「3冠」となった。

■感謝と喜び「特別なこと」 最も〝リアルな評価〟に違いない。大谷が現役選手が選ぶ年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に日本選手として初選出された。

「他の賞でもうれしいけど、やっぱり現場の選手から、実際に戦っている選手からそういってもらえるのは、特別なこと。それは自分にとっても特別ですし、うれしいことです」

大谷は選手会の公式ツイッターに感謝と喜びのコメントを寄せた。今季は投手として9勝2敗、打者としては打率・257、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁。ベーブ・ルース以来の本格的な二刀流として、メジャーの超一流プレーヤーからは、賛辞が相次いだ。

「リトルリーグで全力でプレーする12歳がそのまま大人になった」と形容したのは、バスター・ポージー捕手(34)=ジャイアンツ=だ。オールスターに7度出場、2012年のナ・リーグMVPを獲得し、メジャーを代表するスターも投打のパフォーマンスを絶賛した。さらにサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)3度、通算190勝のマックス・シャーザー投手(37)=ドジャース=も「見事な1年。みていて楽しかった。投球と打撃でこんなことは、誰も見たことがない」とメッセージを送った。

■ア・リーグ最優秀野手も受賞 選手会の投票は日々しのぎを削るメジャーリーガーの〝総意〟ともいえる。両リーグから1人ずつを選ぶ記者投票でのシーズン最優秀選手(MVP)とは異なり、選手間投票では全球団で1人を選出する希少価値の高いタイトル。ア・リーグ最優秀野手にも選ばれた。

「(ライバルたちに)感謝していますし、本当に来年以降もそういう高いレベルで競い合えるようなシーズンを送ることができたら幸せだな、と思っています」と大谷。岩手出身の27歳が世界最高峰の舞台でスターの仲間入りを果たした。

◆大谷についてエンゼルス・トラウト 「8、9イニングを投げた翌日に本塁打を打つなんて、とにかくすごい。歴史的瞬間ばかりだ」

◆フィリーズ・ハーパー 「すごいとしかいいようがないね」

◆オリオールズ・マンシーニ 「打者だけでもMVP候補。投げればメジャーの中でも最強」

◆ブルージェイズ・セミエン 「すごい才能。パワーに加え、スピードもある」

◆ブルージェイズ・レイ 「彼は5ツールプレーヤーだ」

◆レッズ・インディア 「OUT OF THIS WORLD(この世のものとは思えない)」

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘