ロッテ・小窪、南が今季限りで現役引退

サンスポ
小窪哲也内野手
小窪哲也内野手

ロッテは小窪哲也内野手(36)と南昌輝投手(32)が今季限りで現役を引退すると発表した。

小窪は昨季まで広島でプレーし、今年6月から独立リーグの九州アジアリーグ、火の国(熊本)に所属し、8月31日にロッテ入りしていた。今季は7試合に出場して打率・056、1本塁打、2打点。ロッテ移籍後初出場となった9月9日のオリックス戦で、移籍初安打初本塁打を放った。

南は立正大から2011年ドラフト2位でロッテ入団。11年目の今季は1軍戦未出場だった。

小窪は「本当に幸せなプロ野球人生でした。この1年は激動の一年でしたが、いろいろな経験をさせていただくことができたと思います」と話した。南は「一番の思い出は手術後、1軍復帰のマウンドとなった2019年8月15日の東京ドームでの日本ハム戦。マウンドに向かう際のファンの皆さまの声援が本当にうれしく、今もしっかりと胸に残っています」と話した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判