藤井聡太王位、初防衛果たし王位就位式「課題が見つかったシリーズだった」/将棋

サンスポ
就位式を終え、就位状を手にする藤井聡太王位=28日午後、東京都千代田区 (代表撮影)
就位式を終え、就位状を手にする藤井聡太王位=28日午後、東京都千代田区 (代表撮影)

将棋の第62期王位戦七番勝負を制し、初防衛を果たした藤井聡太王位(19)=棋聖・叡王=が28日、東京・内幸町の日本プレスセンターでの就位式に臨んだ。

藤井王位は、挑戦者の豊島将之竜王(31)=当時叡王と二冠=との戦いを振り返り、「序盤で形勢を損ねた将棋が多く、課題が見つかったシリーズ。そこを見つめ直して前に進めたらと思う」と謝辞を述べた。

日本将棋連盟の佐藤康光会長(52)からは就位状と王位杯などが贈られた。花束を渡した師匠の杉本昌隆八段(52)は「豊島竜王とはこれからも名勝負を続けていくと思う。記念すべき(両者のタイトル戦の)1回目だった」と祝った。