「SUPER RICH」第3話、赤楚衛二のかわいさ炸裂 「年上キラー」「頑張り屋さんで癒された」「懐に入るの上手い」と視聴者メロメロ

iza
赤楚衛二/「SUPER RICH」第3話より(C)フジテレビ
赤楚衛二/「SUPER RICH」第3話より(C)フジテレビ

女優の江口のりこが主演を務めるフジテレビ系木曜劇場「SUPER RICH」(木曜後10)の第3話が28日、放送された。ネットでは俳優の赤楚衛二演じる春野優の人懐っこい一面が注目され、視聴者のハートを掴んだ。

同作は、ベンチャー企業の破天荒な女性社長を主人公に、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの半生を描く完全オリジナルドラマ。幼いころに両親を亡くすも、裕福な家庭に生まれた氷河衛(江口)は、大学時代に知り合った一ノ瀬亮(戸次重幸)と電子書籍販売をメインとするベンチャー企業「スリースターブックス」を立ち上げる。事業は波に乗り、衛は女性起業家に贈られる「プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の大賞を受賞するまでの手腕を見せていたが、亮の裏切りによって会社は危機的な状況に陥った。優は、インターン試験を受験することはできなかったものの、「スリースターブックス」のインターン採用をきっかけに衛と出会う。

第3話では、オフィスビルを引き払い、従業員を整理して、古い一軒家を借りて新生「スリースターブックス」を始動させた衛。そして、有望な新人作家を自社で発掘するため、漫画コンクールを開催。さらに、最近作品を描いていない漫画家や、まだ電子書籍化していない作家にも仕事のオファーをすると言い、一世を風靡した漫画家、北別府K(松田美由紀)に会いに行き、依頼を持ちかけた。しかし、北別府の返事はノー。企画書を見るなり、北別府は顔色を変え「新作は大事にしたいの。一見さんにお渡しするわけにはいかないわ」ときつく言い放った。実は、北別府は電子書籍編集部の編集長、碇健二(古田新太)の元妻で、かつて碇が編集を担当していた。

衛とともに北別府を訪問していた優は事情を知ったうえで、再度、カニを手土産に北別府の自宅へ。雨漏りを直すと申し出て、会話のなかで仕事の依頼をもう一度提案する。北別府の懐に入り、気に入られたように見えた優だったが、北別府の返事はやはりノー。しかし、優が北別府からもらった没原稿をきっかけに、彼女がペンネームを変え、新人発掘のコンクールに応募していたことが判明する。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  5. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」