「りょーちんの前世は通訳者?」 キンプリ永瀬廉、NHKの時代劇「わげもん~長崎通訳異聞~」主演発表でファン沸き立つ

iza
NHKの土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」に主演する永瀬廉(King & Prince)。(NHK提供)
NHKの土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」に主演する永瀬廉(King & Prince)。(NHK提供)

男性アイドルグループKing & Princeのメンバーで俳優の永瀬廉が、来年1月8日にスタートするNHKの土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」(総合 土曜夜9時 全4回)に主演すると28日、同局が発表。ネットでは永瀬のファンが歓喜に沸き、「わげもん」がヤフーリアルタイム検索トレンド上位に急上昇した。

時は江戸時代末期、西洋への唯一の窓口となり、国際都市として栄えた長崎を舞台に、出島に出入りし、オランダとの交易を通訳として支えてきたオランダ通詞(つうじ:江戸幕府の世襲役人で公式の通訳者)たちの活躍を描く。タイトルの「わげもん」とは現代なら通訳者に当たる「和解者」(わげもの)を意味する。永瀬は通詞だった父の失踪の謎を追って江戸からやってきた青年・伊嶋壮多(いじま・そうた)を演じる。

29日に最終回を迎える同局の連続テレビ小説「おかえりモネ」で主人公の幼馴染「りょーちん」こと及川亮役を好演した永瀬は、同局の広報資料に寄せたコメントで、「『おかえりモネ』に続きこんなに早くNHKドラマに出演させて頂けること、今回は主演であること、そして本格時代劇に初挑戦させてもらえること、とても光栄に思っております」と抜擢された喜びを語った。「通訳者になるため奮闘する壮多は長崎でたくさんの人に出会い、そこで起こる様々な困難に立ち向かっていくことで、言葉だけでなく人の心までも和解(わげ)していく青年」と役柄をアピールしたうえで、「変化の時代を必死に生き抜いていく大胆で行動力のある壮多を雪駄の寒さも忘れるくらい熱を持って演じていきたい」と意気込んでいる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は