衆院選2021年秋

“当落線上”魔の3回生・67人 相次いだ不祥事、安倍政権時の追い風なし 「野党共闘も向かい風に」識者

 「魔の3回生」-。2012年に初当選した当選3回の自民党前職には、これまで不祥事が相次いだことから、このようなレッテルを貼られている。ただ、岸田文雄内閣には3人が初入閣するなど、将来を期待される面々もいる。今回の衆院選(31日投開票)には、自民党から67人(本紙調べ)が立候補するが、多くが当落線上におり、必死の選挙戦が繰り広げられている。生き残りをかけた、負けられない戦いに注目した。

 「気を付けよう、暗い夜道と3回生」「これまでは追い風の順風な選挙だったが、今回は初めて順風ではない」

 麻生太郎副総裁は衆院選の公示前、麻生派(志公会)の会合で、こう活を入れていた。

 自民党が政権奪還した12年衆院選を党公認で初当選した議員には、「不倫」「失言」「秘書への暴言」「金銭トラブル」などの不祥事が相次いだ。17年の新語・流行語大賞のトップテンには「魔の2回生」が選ばれ、離党や議員辞職した面々もいる。

 今回4選を目指す「魔の3回生」は67人。一部には、74人とする報道もあるが、本紙は自民党公認として12年衆院選で初当選して、3期連続で衆院議員を務めた候補に絞った。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  3. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿