S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き

シャレが利いてる!「宇宙メダカ」の子孫泳ぐ毛利庭園 六本木ヒルズ界隈

 東京・六本木に用事があり、都営線を乗り継いでシルバーパスで出かけた。最寄り駅から都営三田線で春日へ。春日から都営大江戸線で都庁前駅で乗り換え六本木着。1時間ほどで用がすんだのでぶらり歩きした。

 まず、六本木ヒルズ=写真(1)=の毛利庭園へ。隣接するテレビ朝日の天気予報が、よくここから中継されるのでどんな所か興味があったからだ。

 元長門長府藩主・毛利甲斐守邸跡にあるひょうたん池=同(2)=を中心としたこぢんまりとした庭園だ。春には桜が咲き、もうすぐ紅葉が盛りになれば美しい都会のいこいのスポットになるだろう。

 池には2003年に宇宙飛行士の毛利衛さんらが放流した、宇宙で生殖・産卵した「宇宙メダカ」の子孫たちが泳いでいるとの説明書きがあった。1994年にスペースシャトル「コロンビア」内で宇宙メダカの実験を行ったのは向井千秋さんだが、全国800人の里親とともに1万匹を放流したのが毛利さんというのもシャレが利いている。シャレといえば、一帯を再開発した森ビルと毛利も語呂が合っているところが面白い。

 また、別の説明書きには、1702年に吉良邸に討ち入りした赤穂浪士のうち前原伊助など10人がこの地の毛利家上屋敷に預けられたという。10人は当地で本懐を遂げたわけだ。元藩主・浅野内匠頭の墓所の泉岳寺も同じ港区内にあり、大石内蔵助以下四十七士がそろって祭られている。なかなか興味深い土地柄なのだ。

 用事の合間のぶらり歩きにはちょうどいいスポットだった。満足して都営地下鉄で帰路に着いた。 (いくちゃん)

 【六本木ヒルズ】 東京都港区六本木6の10の1。2003年にオープンした「参加する街」というコンセプトで文化・情報を発信する複合施設。オフィス、住宅、ショップ、レストラン、美術館、映画館、イベント会場などでにぎわっている。

zakzak

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走