朝ドラあすの「おかえりモネ」10月29日最終話あらすじ 亮は海へ、耕治も新たな道を…百音が進む未来とは?

iza
百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎) (C)NHK
百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎) (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の最終話(第120話)が29日、放送される。5月17日から放送が始まり、約5カ月間、お茶の間を楽しませてきた“おかモネ”が大団円を迎える。

ドラマは最終週「あなたが思う未来へ」(116~120話)が放送中で、百音の恋人で医師の菅波光太朗(坂口健太郎)が百音の実家がある気仙沼市を訪問。実家に行く前に百音の職場を訪れ、そこで百音の幼なじみ、及川亮(永瀬廉)と対面した。

その席で、亮は、人を好きなることへの恐怖について切り出す。菅波は「残念ながら僕らは、お互いの問題ではなく、まったくの不可抗力で、突然、大事な人を失ってしまうという可能性をゼロにはできません。未来に対して僕らは無力です」「だから、せめて今、目の前にいるその人を最大限大事にするほかに恐怖に立ち向かうすべはない」と助言。この言葉を受け、亮は、百音の妹で、自分に思いを寄せる未知(蒔田彩珠)に会い、「心の底から笑えるようにしてやれんの…多分、俺しかいない。いつか、笑えるようにしてやる」と訴えた。

その後、菅波は百音の両親にあいさつするため、永浦家を訪問。しかしそこに、百音の父、耕治(内野聖陽)の姿がなかった。耕治の帰りを待つ間、百音は菅波に、未知の研究スペースを案内する。そこで2人の仕事について語り合っていると、泥酔した耕治が帰宅。「将来を誓い合う2人がする会話か」と文句を言いながらも、いつの間にか百音、菅波、耕治の3人でこれからの仕事について話し合った。

翌日、菅波は、研修医時代の指導医、中村信弘(平山祐介)から呼び出され、予定を変更し、急遽、帰京することに。菅波は春にまた気仙沼に来ることを約束し、東京へと向かった。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性