ひざの痛みに潜む怖い病

体重1キロに対して「負荷は約3キロ」 肥満気味で膝痛を抱えているなら、減量をするだけで膝の痛みは軽減

コロナ自粛中の運動不足を解消したい
コロナ自粛中の運動不足を解消したい

変形性膝(ひざ)関節症の人は国内で約2000万人と推計されている。また、膝の痛みには、関節リウマチや偽痛風、骨が壊死した疲労骨折など、さまざまな原因が潜むことを紹介してきた。いずれにしても、加齢に伴い膝は痛みやすい。では、膝を守るためには、どうすればよいのか。

「一番注意していただきたいのは、体重の増加です。体重1キロに対して膝への負荷は約3キロになります。肥満気味で膝痛を抱えている方は、減量をするだけでも膝の痛みは軽減されます」

こうアドバイスをするのは、東邦大学医療センター大森病院人工関節治療センターの中村卓司センター長。最近の傾向を熟知した上で、数多くの膝痛の患者の診断・治療を行っている。

コロナ自粛の運動不足では、体重が3~5キロ程度増えた人がいるだろう。膝への負担は9~15キロもアップする。駅の階段を急に駆け上がる、あるいは、駆け降りるようなことでさらなる負荷をかければ、膝関節へのダメージは大きい。すでに変形性膝関節症などと診断されている人は、まずは体重を落とすことが重要になる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は