食と健康 ホントの話

MCTオイル、ダイエットと冷えに効く脂肪燃焼回路に作用

中村康宏医師
中村康宏医師

ここ数年で食用油の研究が進み、スーパーの棚には数多くの商品が並ぶようになった。しかし、何を選べばいいかわからなくなっている人も多いはず。そこで、体脂肪を落としたい人や、これからの季節に多い冷えに悩んでいる人におすすめなのが、MCTオイルだ。

中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)の頭文字で呼ばれるこのオイルは、アブラヤシやココヤシの実が原料。一時期流行したココナツオイルから、中鎖脂肪酸だけを抽出したものだ。医療用としては数十年前から使用されており、適量の摂取は安全性が確認されている。このオイルがなぜダイエットに向いているのかというと、ふだんあまり働いていない、脂肪を燃焼する回路が働くようになるためだ。

私たちの体には、食べたものからエネルギーを得るための回路が2つある。一つは糖質をエネルギー源とする「糖燃焼回路」で、もう一つは、脂肪(油)をエネルギー源とする「脂肪燃焼回路」だ。一定量の運動や栄養や食事量不足などで、血液や筋肉中のブドウ糖が減ってくると脂肪燃焼回路が円滑に働き始める。

ブドウ糖は糖質からさらに分解された、体内ですぐにエネルギーになる物質なのはご存じの通り。脂肪燃焼回路で、このブドウ糖にあたるのがケトン体だ。脂質から作られるが、なかでも中鎖脂肪酸からは素早くできる。そのためMCTオイルを摂取すると、きつい運動をしなくても脂肪燃焼回路が円滑に働き、糖燃焼回路とともに2つの回路が働くように。ダブルの回路でエネルギーを得られるようになれば、より脂肪燃焼効果が得られることになる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  4. 【動画】愛子さまご成年 「両陛下をお助けしたい」

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故