東電が通期業績予想を赤字に修正 燃料高で

産経ニュース

東京電力ホールディングスは27日、令和4年3月期連結業績予想について、最終損益を前回予想の670億円の黒字から160億円の赤字に下方修正したと発表した。燃料高により調達コストが一時的に拡大するため。赤字は福島第1原発事故後に収益が悪化した13年3月期以来9年ぶり。

東電は柏崎刈羽原発(新潟県)が核物質防護の不備問題で再稼働が見通せず、火力発電に頼らざるを得ない。新型コロナウイルス禍からの各国の経済回復で、燃料の液化天然ガス(LNG)や原油は需要が拡大し価格上昇が続いており、調達コストは今後も膨らむ見通しだ。

同日発表した21年9月中間連結決算は売上高が2兆2107億円、純利益が886億円だった。今期から会計基準を変更し単純比較できないとして、前年同期比の増減率は示していない。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘