今の会社員は「最強の人生」 フリーの私がそう思うようになったワケ

SankeiBiz

以前「独立してフリーランスになるか悩む人」について書いたが、その時は「フリーになればいいでしょ?」と書いたものの、今は考えが変わった。

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)

フリーランスのメリットとデメリット

新型コロナウイルス・ショックを経て、会社員が強い時代になり、私のようなフリーランスの持つ優位性が減ってきたのである。ここでは「会社員という勤め方を変えたい」と考えている方々に対し、フリーの立場からメリットとデメリットについて現状を説明する。

【メリット】

・時にドッカーンと大きく稼ぐことができる

・イヤな上司や同僚がいない

・通勤不要

・「定時」がないため、好きな時間に仕事ができる

・様々な仕事を自らの嗜好で選ぶことができる

・キャリアは自分で決められる

・名が売れれば知り合いがとんでもなく増える

【デメリット】

・収入が安定しない

・社会的信用度が低い

・年齢を経るにつれて仕事が減る

・仕事を教えてくれる人がいない

・売れないと知り合いがまったく増えない

・愚痴や悩みを相談する相手がいない(いたとしても、同じような境遇の人がいないため、相手があまりピンとこない)

これらを背景に、なぜ今は考えが変わったかといえば、コロナによりフリーの大きなメリットだった「通勤不要」がなくなったのだ。同時に、企業が外注を抑える傾向も出てきたため、デメリットの部分が非常に強くなってしまった。基本的なフリーのメリットは「会社員程度には稼げる人」という前提があってのものだったが、それが失われてしまえばデメリットが強調されることになる。

コロナにより、会社員にとってストレスだった「通勤」がかなり減ったのを見て、私は「会社員最強じゃん」と思うようになった。現在私は佐賀県唐津市在住だが、たまたま会社員時代の同期が唐津に住んでおり、福岡の支社(厳密には別会社になっている)に所属している。

彼は週に1~2回通勤をし、他の日は自宅・馴染のカフェ・ファミレス等でリモートワークをしている。それでいて成果はあげているし、安定した給料ももらえている。まさに最強の人生ではないか!と思うことしきりである。こういった実例を間近で見ていると、フリーの不安定さというものが際立っていると感じられるのである。

そして、かつて存在した「35歳転職限界説」はもはやなくなっており、私と同世代(40代後半)でも次々と転職に成功している。彼らが優秀というのもあるのだろうが、転職と年齢はあまり関係なくなっているらしい。となれば、会社員にとってのデメリットの一つだった「イヤな同僚・上司から離れられない」も解決できることとなる。

  1. ついに最終回!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月30日OA第125話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の高熱が下がらず、暢子(黒島結菜)らはある場所へ…。

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職