衆院選2021年秋

“崖っ縁”大物&著名25人 終盤戦突入 東京8区・序盤からドブ板選挙の石原伸晃氏、東京3区・毎回激戦区で戦う石原宏高氏 小沢一郎氏、佐藤ゆかり氏は接戦

10・31衆院選は終盤戦に突入した。新型コロナ対策や経済政策、外交・安全保障政策などが焦点で、自民党と公明党の連立与党と、立憲民主党と共産党を中心とする左派野党、日本維新の会などの第3極が激しいバトルを続けている。議席減が指摘される岸田文雄首相(自民党総裁)は25日夜、「大変厳しい情勢です」とツイートした。個別の選挙区を見ると、世代交代や野党共闘の影響を受けて、閣僚や党要職などを歴任した候補らがギリギリの戦いを強いられていた。夕刊フジでは、世論調査や情勢調査をもとに「落選危機にある与野党大物・著名候補25人のリスト」の第2弾を作成した。注目選挙区について、政治評論家の伊藤達美氏が解説した。 (報道部・海野慎介)

「新型コロナで厳しい立場に追いやられた方々に、寄り添わせていただきます」「宣伝カーの数では『1対4』(=自民党vs立憲民主党、共産党、社民党、れいわ新選組)と厳しいですが、温かいご声援が励みになります」

自民党の石原伸晃元幹事長(64)は21日夜、JR阿佐ヶ谷駅北口で、こう呼びかけていた。当選10回を数えるが、おひざ元の東京8区(杉並区)の情勢は油断できない。

立憲民主党の新人、吉田晴美氏(49)は、「暮らしや働く現場に根差した政治」を打ち出し、60代で介護をする女性、乳がんを患った友人の話など、具体的なエピソードを交えた演説が聴かせる。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」