双子パンダと母シンシンの3頭再会にネット民ほっこり シャオシャオの「緑のライン」も話題に

iza
母シンシンに甘えるジャイアントパンダの双子、シャオシャオ(左)とレイレイ=(公財)東京動物園協会
母シンシンに甘えるジャイアントパンダの双子、シャオシャオ(左)とレイレイ=(公財)東京動物園協会

東京・上野動物園は26日、今年6月23日に誕生したジャイアントパンダの双子、シャオシャオとレイレイの近況を公表した。出産当日以来初めて、2頭同時に母親のシンシンと対面して仲睦まじく過ごす姿に、ネット民は「母性ってすごい」「愛情深いですね」などとほっこりしている。

シャオシャオとレイレイはそれぞれ体長13~15センチ、体重124~146グラムで生まれたが、その後順調に成長。10月21日時点で体長約64センチ、体重約7.5キロにまで大きくなり、健康状態は良好だという。

23日からは、2頭ともに母シンシンと一緒に過ごしており、どちらも母乳を飲んでいるという。シンシンが2頭の子どもたちと同時に対面するのは、6月23日の出産当日以来、初めて。シンシンが隣室でエサを食べている間に2頭の子どもを産室に入れ、扉を開けて出入りを自由にしたところ、シンシンに驚くような様子は特に見られず、子どもの体をなめたり授乳をするなど問題なく受け入れたという。

ヤフーのリアルタイム検索では「シャンシャン」が急浮上。出産直後以来となる親子3頭そろっての再会にネット民は「母子3頭いっしょだあああ」「ついに親子3頭が同居!」などと歓喜。2頭の子どもをすんなりと受け入れたシンシンの姿に、「シャオシャオとレイレイをちゃんと分かってお世話してるんだ。母性ってすごいなあ」「やっぱりシンシンママ。急にお子ちゃんが増えても動じすに可愛がって、愛情深いですね」「同時のお世話は大変そうだけど、シンシンならどーんと構えて大丈夫そう」などと安堵(あんど)している。

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは