太平洋側、低気圧で激しい雨の恐れ 26日にかけて

産経ニュース
10月25日9時現在のひまわり雲画像
10月25日9時現在のひまわり雲画像

低気圧が発達しながら通過するため、東日本から西日本の太平洋側を中心に26日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は25日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒と注意を呼び掛けた。

気象庁によると、日本の東にある低気圧の影響で暖かく湿った空気が流入している一方、上空では寒気を伴う気圧の谷が通過。低気圧が発達して伊豆諸島付近を東へ進むため、大気の状態が非常に不安定になる。

26日午前6時までに予想される24時間雨量は多い所で、東海が200ミリ、関東甲信が180ミリ。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要になる。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…