芸能ニュース舞台裏

栄えある「イクメン」授賞式に“残念な応援” 「総合プロデューサーが早々に…これもまた育児の一環」?

10月19日は「イクメンの日」。積極的に育児参加する男性を応援するプロジェクトとして今週「第11回イクメンオブザイヤー2021」の授賞式が行われた。厚生労働省が後援する由緒ある賞だ。

「芸能関係ではタレントのJOY、元NHKのフリーアナの登坂淳一、EXILEのMAKIDAIが選ばれました。登坂は『仕事より育児』と明確なルールを示していましたし、JOYは娘の検診のたびに仕事を休むそうで、『事務所に迷惑をかけている』と話していました。彼らの育児ぶりが発信されることで、育休が取れやすい環境になるといいですね」と報道記者。「ただ残念なことがあった」と明かす。

「登坂とJOYが1本のマイクを共有していました。他の人は1人1本だったのに不思議でした。一方、気になったのは総合プロデューサーのおちまさと氏がイクメンたちの取材中なのに、早々に会場のBBQビーチで家族とくつろいでいたんです。総合プロデューサーならイベントを最後まで見届けるところですが、これもまた育児の一環なんでしょう」 (業界ウオッチャーX)

zakzak

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は