日本ハム“新庄監督”本気か!? 次期監督の有力候補でネット大反響 球団OB・稲葉氏はGM就任へ

プロ野球日本ハムのゼネラルマネジャー(GM)に、東京五輪で日本代表監督を務め、チームを金メダルに導いた球団OBの稲葉篤紀氏(49)が就任することが24日、関係者への取材で分かった。吉村浩GMは兼務しているチーム統括本部長職に専念する見通し。

稲葉氏は、2005年にフリーエージェント(FA)でヤクルトから日本ハムへ移籍し、07年に首位打者と最多安打を獲得した。14年に現役を引退し、17年7月から代表監督を務めた。日本ハムは今季までの3年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を逃し、栗山英樹監督(60)が今季限りで退任することが決定。稲葉氏を監督として招へいしたい希望もあったが、本人の意向もありGMとしての古巣復帰となったようだ。

次期監督の有力候補には日本ハムと阪神、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(49)が挙がっている。稲葉氏と新庄氏は、日本ハムが北海道へ移転した初年度の04年から3年間一緒にプレーし、06年のリーグV、日本一に貢献。両氏のタッグが実現すれば、低迷する日本ハムに新風を吹き込むことになる。

新庄氏は日本ハム時代には宙づり入場などの派手なパフォーマンスで知られ、引退後も海外移住、顔面整形、昨年12月のトライアウト挑戦などで話題。ネット上では「新庄監督」「新庄氏有力」などのワードがトレンド入りして大反響となっており、「本気か」「楽しみだ」など賛否が飛び交っている。

zakzak

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性