台湾防衛、バイデン大統領「責任ある」発言は“勇み足”なのか 米政権高官は「政策の変化を表明したものでは一切ない」と強調 石平氏「決して失言ではない」

ジョー・バイデン米大統領が、注目すべき発言を行った。テレビ局主催の対話集会で、司会者から「米国は台湾を守るつもりか」と質問され、「その通りだ。私たちにはそうする責任がある」と言い切ったのだ。米国は従来、台湾防衛を明確にしない姿勢を維持してきたが、中国による台湾への軍事的侵攻を、世界最強の米軍が断固阻止するつもりなのか。

バイデン氏の発言は、CNNテレビが21日、米東部メリーランド州ボルティモアで主催した対話集会で披露された。

米国は1979年施行の台湾関係法に基づき、台湾の自衛に必要な武器供与などの支援を続ける一方、中国による侵攻の際に米軍が台湾を防衛するかどうかについては言及しない「戦略的曖昧さ」を維持してきた。

バイデン発言を受けて、政権高官は「大統領は米政策の変化を表明したものでは一切ない」「米国の台湾との防衛関係は台湾関係法に導かれたもので、同法の下での米国の関与を守る」と強調したが、単なる“勇み足”なのか。

実は、バイデン氏は8月、ABCテレビに対して、北大西洋条約機構(NATO)が加盟国への攻撃を全加盟国への攻撃とみなしていることに言及したうえで、「日本も韓国も台湾も同じだ」と主張している。

米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は今月7日、米軍の特殊作戦部隊と海兵隊の小部隊が過去少なくとも1年間、極秘に台湾に派遣され、台湾軍の訓練に当たっているとスクープしている。

台湾防衛発言を受け、蔡英文総統率いる台湾の外交部の欧江安報道官は22日、中央通信社の取材に対し、バイデン氏の言及に感謝を表明した。同社が運営する日本語サイト「フォーカス台湾」が報じた。

一方、習近平国家主席率いる中国も黙っていない。外務省の汪文斌報道官は同日の記者会見で、「台湾は中国の領土の不可分の一部だ。台湾問題は中国の内政であり、いかなる外部からの干渉も許さない」などと反発した。「台湾有事」については、台湾国防部の邱国正部長が今月上旬、立法院で、「(中国軍は)2025年にも本格的な(台湾への)侵攻実施が可能になる」との認識を示している。

バイデン発言をどう受け止めるか。

中国情勢に精通する評論家の石平氏は「中国軍による台湾侵攻が現実味を帯びるなか、習政権にとって米軍の動向は最大の懸念になる。バイデン氏は決して失言ではなく、中国への“逆恫喝(どうかつ)”で中国に警告したとみられる。米中対立がこれ以上にない緊張状態にあるなか、バイデン発言は台湾を勢いづかせる朗報だ」と語った。

zakzak

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走