おかえりモネ、最終週“朝ドラ受け”なしで岸田首相に恨み節?「罪深い」「空気読んで解散して」の声

iza
NHK放送センター
NHK放送センター

今年5月17日から放送が始まり、29日に本編が最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」。しかし、今週は、視聴者が朝ドラとセットで楽しみしている“朝ドラ受け”が政見放送などのため休止となり、SNSには、朝ドラファンからため息やクレームが多数寄せられる事態になっている。

“朝ドラ受け”とは、朝ドラの後に放送される情報番組「あさイチ」(NHK総合)の冒頭で、ドラマの内容を受けて、番組MCの博多華丸・大吉、鈴木奈穂子アナウンサーがそれぞれの感想を述べる“恒例行事”。たまに話が大きくそれることもあるが、それ自体を含めて、朝ドラファンにとっての楽しみの一つになっている。

しかし、25~28日にかけては、政見放送のため「あさイチ」の放送自体が休止。25日に放送された第116話では、大きなヤマ場があったが、受けがなかったことで、ツイッターで「朝ドラ受け」がトレンド入りしてしまう事態となり、「朝ドラ受けにぴったりな終わり方」「今日こそは朝ドラ受けやってほしかった」などの声が相次いだ。

これまでの伏線が回収され、多くのことが決着すると思われる最終週に3人の感想を聞けないことを残念がるネットユーザーも多く、ツイッターには「この最終週に来て朝ドラ受けないのマジないわ…」といった声も。なかには、このキッカケを作った“張本人”への恨み節を綴る朝ドラファンも少なくなく、「今週こそ朝ドラ受け聞きたかったのに。。。あの1、2分まで込みの朝ドラなのに。31日総選挙に決めた岸田さんうらむよマジで」「選挙のせいであさイチの朝ドラ受けないままモネ終わるの?罪深いわ岸田くん…」「まさかおかモネの最終週と選挙が重なるとは。。。こんなとこでも自民・岸田め!と唸ってしまう」「空気読んで解散してほしい」といったつぶやきも見られた。

一方、最終回の29日には「あさイチ」の放送があり、「番組表見たら金曜はあさイチあるー!」と喜ぶ朝ドラファンも。しかし、この日は30分の“短縮バージョン”で、冒頭に朝ドラ受けがあるかどうか微妙なところ。その辺の空気は視聴者も察しており、「せめて鈴木アナだけでも朝ドラ受けしてください」というリクエストも見受けられた。



  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は