20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

産経ニュース
平成13年2月に大石朝美さんが殺害された事件で、容疑者を逮捕し記者会見する広島県警=25日午後、広島県福山市
平成13年2月に大石朝美さんが殺害された事件で、容疑者を逮捕し記者会見する広島県警=25日午後、広島県福山市

平成13年2月に広島県福山市の住宅で主婦の大石朝美さん=当時(35)=が殺害された事件で、広島県警は25日に殺人容疑で逮捕した福山市西新涯町の無職、竹森幸三容疑者(67)が、事件後も福山市内で暮らしていたことを明らかにした。

県警によると、大石さんは夫と子供2人の4人暮らしで、事件当時は自宅に生後9カ月の長女と2人でいた。竹森容疑者は、造園業を営んでいたとみられ、事件後も福山市内で暮らしていた。

福山西署で記者会見を開いた捜査1課によると、大石さんの遺族は竹森容疑者と面識がないと話している。

県警によると、竹森容疑者は13年2月6日午後0時45分ごろ、自宅にいた大石さんの腹を果物ナイフで突き刺すなどして殺害した疑い。現場の遺留品から竹森容疑者が捜査線上に浮かんだ。竹森容疑者は「記憶にない」と容疑を否認しているという。


20年前の主婦殺害事件が急展開

20年前の主婦殺害容疑で逮捕 広島県警

事件急展開に住民ら驚き 知人「怒りこみ上げる」

長期未解決事件、科学捜査で局面打開

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…