Amazon Musicの「空間オーディオ」が全ヘッドホンに対応 「仰天」「新鮮」「迫力出る」など興奮気味の感想相次ぐ

iza
Amazon Musicで、空間オーディオのコンテンツが特別なヘッドホンなしで鑑賞できるようになった
Amazon Musicで、空間オーディオのコンテンツが特別なヘッドホンなしで鑑賞できるようになった

サブスクリプションの音楽配信サービス「Amazon Music」が適用範囲を拡大した「空間オーディオ」コンテンツの提供が、ネット配信で音楽を楽しむユーザーの注目を集めている。

空間オーディオは、リスナーが音楽の中に入り込み、没入感のある多次元的なオーディオ体験ができる立体音響の技術。同サービスでは、有料プランの「Amazon Music Unlimited」利用者のうち、特定のヘッドフォンなど出力機器のユーザーを対象に、2019年から「Dolby Atmos」や「360 Reality Audio」を含む、空間オーディオでミックスされた音楽を提供してきたが、今月19日からiOSおよびAndroidで動作するスマートフォンなどのデバイスで、特別な機器を必要とせず、既存のヘッドフォンでも空間オーディオのコンテンツを楽しめるように適用範囲が拡大された。同社のスマホアプリからバーチャルアシスタントAIの「Alexa」を搭載した一部のスマートスピーカーにもストリーミングすることも可能。また、CDと同等の無劣化音源である「HD」と、より高解像度の音源「Ultra HD」も同プラン利用者全員に開放された。

追加料金は不要で、2022年1月10日まで、3カ月無料で利用できるキャンペーンが実施されている。

アップルが提供する競合の「Apple Music」でも、アマゾンに追随して6月からドルビーアトモスでの空間オーディオ音源の提供を始めたが、こちらでは当初からアップル製のヘッドホン、イヤホン以外にも機能が開放されており、今回のアマゾンの施策はこれに対抗したものと見られる。

ツイッターでは、利用者からの「これを待ってた」「ナイスアップデート」「やっと空間オーディオ聞けるようになった」といった歓迎の声が多く寄せられている。「360RealityAudioとドルビーアトモス両方聴けて、なおかつイヤホン選ばないってすごない?」と、Apple Musicと比較して2つの音源に対応しているメリットに注目した指摘も見られた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去