結婚式で重視することの3位は「ご祝儀制」 1位と2位は?

ITメディア
結婚式のトレンドは?
結婚式のトレンドは?

結婚式で重視することの1位は「親への感謝を伝える場にすること」(73.1%)――そんな結果が、マイナビが運営する結婚準備情報サイト「マイナビウェディング」の調査で分かった。

重視することの2位は「飲食の提供があること」(73.0%)、3位は「ご祝儀制」(71.3%)、4位は「お世話になった人に感謝を伝える場にすること」(70.8%)と続いた。

結婚式で重視しないものを尋ねると、「ゲストがオンラインで参列すること」(67.1%)が最も多く、「大勢のゲストを呼び祝福されること」(58.7%)、「会社の上司や恩師を招待すること」(57.9%)と続いた。マイナビは「大勢のゲストよりも自分にとって身近な人のみを対面式で招待したいという意向が強く、おもてなしを重視した『ゲストファーストな結婚式』への需要が高まっていることがうかがえる」とした。

コロナ禍で結婚式を開催した人の割合は?

2020年7月~21年6月に入籍した全国の18~49歳男女を対象に、結婚式を開催したか聞いた。すると、「結婚式を行った」が35.6%だった。一方、「結婚式を挙げていない・挙げる予定はない」は32.5%だった。

「挙式・披露宴どちらも行った」と「披露宴・ウエディングパーティのみ行った」と回答した人に、招待人数を尋ねた。すると、「30人未満」が33.9%で、「30~60人未満」が31.8%だった。マイナビは「新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり披露宴・ウエディングパーティは少人数で実施した人が多いことが分かる」と分析した。

結婚式(挙式・披露宴・ウエディングパーティの総額)の費用は、「100万~150万円未満」が最も多く14.3%で、「200万~250万円未満」が11.7%だった。

今回の調査は21年8月10~16日、インターネット上で実施した。調査対象は20年7月~21年6月に入籍した全国の18~49歳の男女で、有効回答数は1099人。

関連記事
  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘