阪神は広島に価値ある引き分け ついにヤクルトとのゲーム差は0

サンスポ
引き分けに終わり、スアレスとタッチを交わす阪神・坂本誠志郎=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
引き分けに終わり、スアレスとタッチを交わす阪神・坂本誠志郎=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

(セ・リーグ、広島1-1阪神、24回戦、広島12勝11敗1分、23日、マツダ)阪神は広島から価値ある引き分けをもぎ取った。0-1の七回に2死から一、三塁と好機を作ると、坂本が中前にはじき返す同点打。9試合連続でスタメンマスクをかぶった女房役が、起死回生の一打を放った。

先発の秋山は5回3安打1失点と試合をまとめると、アルカンタラ、馬場、岩崎、スアレスと継投。勝ち越しを許さなかった。

デーゲームで巨人と戦った首位・ヤクルトは敗れたため、ゲーム差はなしに。マジックは「3」のままと逆転優勝の奇跡が現実味を帯びてきた阪神にとって大きな引き分けとなった。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も