巨人・亀井が涙の引退スピーチで後輩へメッセージ「勇人、後は任せた」「きっしゃん(岸田)お疲れ!」

サンスポ
引退セレモニーでスピーチする際に感極まる亀井善行=東京ドーム(撮影・今野顕)
引退セレモニーでスピーチする際に感極まる亀井善行=東京ドーム(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、巨人11-1ヤクルト、24回戦、巨人11勝10敗3分け、23日、東京D)巨人・亀井善行外野手(39)が試合後に催された現役引退セレモニーでスピーチ。最後は言葉に詰まった後、兄貴分らしく後輩数人の名を挙げ、笑いも交えた激励の言葉を送った。

「(吉川)尚輝、ポジティブに頑張れよ! (松原)聖弥、あんたは天才だからもうちょっとだけ、頭使っていけよ! きっしゃん(岸田)、お疲れ! (坂本)勇人、後は任せた。3000本目指して頑張ってください!」

セレモニーの最後には、場内を一周してファンへ手を振った亀井が三塁へ。サヨナラ本塁打後のホームインのように、本塁ベースの周りで待ち構えるナインの元へと走った。本塁ベースを踏んだ後、ナインの手で背番号と同じ9度、宙を舞った。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…