「真犯人フラグ」10月24日放送第3話あらすじ 凌介の家族は誘拐された…そう断言するベンチャーの若手社長は敵? 味方?

iza

そんななか、凌介たちの新居建築を担当する住宅メーカーの担当営業マン、林洋一(深水元基)から連絡が入り、凌介は基礎工事が終わったばかりの新居に呼び出される。「何かが埋まっている」との不審な電話があったという林とともに敷地内に入っていくと、固まりきっていないコンクリートの中から、凌介の娘・光莉(原菜乃華)が履いていたコインローファーとよく似た靴のつま先が覗いていた…。

24日放送の第3話は、第2話のラストシーンからスタート。すぐに警察が駆けつけ、コンクリートの掘り起こし作業が始まる。ただのイタズラか、それとも…。

凌介は二宮に、配送車のドライブレコーダーから見つかった映像を見せられる。その映像では、赤い傘をさした真帆らしき女性が息子の篤斗(小林優仁)の手を引き、後ろには光莉とよく似た女子高生が歩いていた。これが3人だとすると、篤斗の姿が最後に確認されたサッカー教室に行く直前の17時18分、3人が一緒にいたことになる。

凌介は林から新居の建築を中断するよう勧められるが、凌介は聞き入れない。林が新居建築を止めようとしたのは、ある事情で上司の井上幸作(戸田昌宏)に命令されたからでもあった。

凌介は見知らぬ男から「事件についてお話したいことがあります」というメッセージを受け取る。凌介は二宮と相談して、大学時代の友人・日野渉(迫田孝也)の店「至上の時」でその男と会うことに。二宮と日野も一緒に待ち構える。現れたのは、ベンチャー企業「プロキシマ」の社長・橘一星(佐野勇斗)。橘は、真帆たちが誘拐されたと断言し、誘拐した犯人に心当たりがあると言い出す。


  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」