ファイザー製ワクチン5~11歳の発症9割減

産経ニュース
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(同社提供、ロイター)
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(同社提供、ロイター)

米製薬大手ファイザーは、同社製の新型コロナウイルスワクチンの2回接種により、5~11歳の子どもの発症が90・7%抑えられるとする臨床試験結果をまとめた。

食品医薬品局(FDA)の外部有識者委員会は26日、この年代に対する使用の可否を検討する。米メディアは11月にも接種が始まる可能性があると伝えた。

5~11歳を対象とした臨床試験結果は、外部有識者委員会の資料として公表された。ワクチン接種を受けた約1300人のうち3人、偽薬を投与された600人余りのうち16人が発症した。重症者はいなかった。

用量が12歳以上の3分の1と少ないことから、短期的には安全性に懸念はないとみている。若い世代でまれに起きる心筋炎も報告されなかった。資料によると、米国では10月14日までに、5~11歳の感染が約180万人に上った。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」