渋野日向子「見てのとおり、情けない内容でした」 復調ムードも9戦ぶり予選落ち

残念ながら渋野は予選落ち
残念ながら渋野は予選落ち

■国内女子ゴルフ「延田グループ・マスターズGCレディース」第2日(22日、兵庫・マスターズGC=6571ヤード、パー72)

5週連続トップ10と好調だった渋野日向子(22)が、9戦ぶり予選落ちに終わった。

5バーディー、3ボギーの70で回り、スコアを伸ばしたものの、通算4オーバーの65位タイで、カットラインに2打及ばず。「見てのとおり、情けない内容でした」と振り返った。

2週前に1年11カ月ぶりの復活優勝を果たし、前週は1打差で涙をのんだが、一時期のスランプを脱し復調ムード。ところが今週は初日に今季ワーストの「78」と大叩きし、99位タイと出遅れたのが響いた。

「ゴルフはいつもいいようにいくわけではないので。いつかこういう日があるとは思っていたので、しようがない」と切り替えたが、まさかの結果に終わった。

今季は国内で残り4戦を戦い、最終戦には出場せず12月の米ツアー予選会に出場する。

「こうやって流れが良かった中で、予選落ちをしてしまうゴルフになってしまったのは、まだまだ足りないところがたくさんあるんだなと、思い知らされた感じです」と思わぬ落とし穴が待っていたが、再び状態を上げていきたいところだ。

zakzak

  1. 「カムカムエヴリバディ」るいも稔に会いたい? 初めてしゃべった言葉に「SixTONES絡めてくる粋な計らい」「稔さん、いつ帰って来てもいいんだよ」

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】脳卒中の予兆として覚えておきたい「FAST」とは