NHK出身者“選挙特番ジャック”か テレビ東は池上彰氏、テレビ朝は大越健介氏、日テレも有働由美子アナ 一方で、TBSは爆笑問題の太田光の“変化球”

ついに衆院選が始まった。31日の投開票日にはテレビ各局が総力を挙げて選挙特番を放送することになるが、今回はどうもNHKが席巻しそうな様相だ。やはり選挙といえば、NHKなのか。

「NHKは分厚い取材や綿密な出口調査の結果をもとに、開票が始まる午後8時から続々“当選確実”を打っていくのがおなじみ。各陣営ともNHKが当確を打てばバンザイするというのもお約束です」と一般紙記者が話すように、選挙特番といえば、やはりNHKがその取材力を発揮する。

一方の民放各局も系列局と連携して、大型特番を編成する。そんな民放の特番では、誰がキャスターを務めるかというところも注目される。

「今回は、各局とも元NHKの顔ぶれが並ぶという状況です」とテレビ誌編集者が話すように、NHK出身者が重要な位置を占めることになった。

テレビ東京は先月の社長定例会件で、今回の特番もジャーナリストの池上彰氏(71)が担当することをすでに明かしている。

「池上さんはNHKの社会部記者として鳴らしたこともあり、フリーになっても切れ味のある質問を政治家にぶつけるため“池上無双”と呼ばれています。ある意味、選挙特番のあり方を変えたといってもいい存在ですしょう」と先のテレビ誌編集者。

それに対抗するのが、今月から『報道ステーション』のキャスターに就任した大越健介氏(60)を擁するテレビ朝日だ。特番では大越氏と同局の大下容子アナ(51)をメインに据える。

「大越さんもNHKでは政治部記者でしたから選挙取材は相当経験がありますし、勘どころもある。ただ民放での特番は初めての経験だけに、どのように立ち回るかは注目です。社会部畑の池上さんとは違ったアプローチが期待できるでしょう」と話すのは民放関係者。

そして、日本テレビも、選挙特番に元NHKの有働由美子アナ(52)と嵐の櫻井翔(39)を2019年の参院選特番に続いてメインキャスターに起用する。

一方で、TBSは爆笑問題の太田光(56)を起用するという“変化球”も。

選挙の行方以上に気になってしまいそうだ。

zakzak

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は