日建連会長、国土強靱化へ期待

産経ニュース

建設会社の業界団体である日本建設業連合会(日建連)の宮本洋一会長は22日の会見で、岸田文雄首相が防災・減災や国土強靱(きょうじん)化に取り組むと表明していることを受け、「大変心強く思う。十分な公共事業費の確保をお願いしたい」と評価した。

宮本会長はインフラ整備について「将来的にツケを残さず今のうちにやる。予備的な投資をすることを社会に訴えながら国に対し予算の要望をする」と説明した。

また、外国人の入国制限が続き技能実習生受け入れができない状況については、影響は業界全体では受けていないとした。一方、入国者や帰国者に求められている自宅待期について指摘。待機期間は2週間から10日に短縮されたものの、諸外国と比較して長期に渡るとして、「(国は)もう少し考えてほしい。(海外事業の本格的な再開は)まだ躊躇(ちゅうちょ)している」と見解を示した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」