衆院選2021年秋

「首都圏」最新当落予測 神奈川で自民党苦戦、埼玉では10選挙区で野党共闘 政治広報システム研究所・久保田正志氏が分析

10・31衆院選は序盤戦を終え、徐々に盛り上がってきた。新型コロナ対策や経済政策、外交・安全保障政策などが焦点で、自民党と公明党の与党に、立憲民主党と共産党を中心とする左派野党、第3極に位置取る日本維新の会などが挑む構図だ。先日、自民党に逆風が吹く東京と大阪の全44選挙区の個別情勢に迫ったが、神奈川、埼玉、千葉の計46選挙区と、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀の計28選挙区はどうなのか。安倍晋三元首相は21日、神奈川や埼玉の選挙区にテコ入れした。「選挙のプロ」である政治広報システム研究所の久保田正志氏が計74選挙区を分析した。

「首都圏では公示後、『野党共闘』の破壊力を思い知らされる展開だ。岸田文雄首相(自民党総裁)の経済政策などでの発信力の弱さも加わり、自民党は日増しに厳しい状況に追い込まれている」

久保田氏は語った。

まず、甘利明幹事長の地元、神奈川で自民党が苦戦している。

1区(横浜市中区など)では、コロナの緊急事態宣言下での銀座クラブ通いが発覚した松本純氏が無所属で出馬したが、「やや劣勢」だ。

4区(鎌倉市、逗子市など)や5区(横浜市戸塚区など)は、旧民社党を支持した民間労組の「旧同盟系の牙城」と言われ、もともと自民党の弱いエリアで、最後までもつれそうだ。

16区(相模原市の一部、厚木市など)は大接戦だ。前回2017年選挙は自民党の義家弘介元文科副大臣が勝ったが、今回は立憲民主党の後藤祐一氏に野党が一本化した効果もあり、「やや優勢」となった。

久保田氏は「後藤氏は山奥の道路沿いのポスターなどを見ても、かなりの運動量だ。最後は、日ごろの地道な活動や地方議員との信頼関係が、モノを言う」と語った。

埼玉では、15選挙区のうち10選挙区で野党が共闘した。

10区(東松山市、坂戸市など)は注目の接戦区。自民党は山口泰明前選対委員長が引退し、次男の晋氏を擁立した。立憲民主党の坂本祐之輔氏は元東松山市長で知名度もある。

久保田氏は「山口氏は苦しくなってきた」と分析した。

12区(熊谷市の一部、行田市など)では、前回選挙で惜敗率99%で涙をのんだ立憲民主党の森田俊和氏が、自民党の野中厚元農水政務官に序盤戦で一歩抜け出た。

千葉では、まず8区(柏市の一部など)に注目だ。これまで、自民党の桜田義孝元五輪相が独特のキャラクターで勝ってきた。公示前も、レジ袋有料化を疑問視する支援者らの声を新環境相に伝えて話題になった。

ところが、今回は事実上の一騎打ちとなり、立憲民主党の重鎮、岡田克也元副総理の秘書だった本庄知史氏が「逆転したようだ」(久保田氏)。

6区(市川市と松戸市の一部)には、北朝鮮による日本人拉致被害者をめぐる「生存者はいない」発言で、立憲民主党の公認を失った生方幸夫氏が無所属で出馬した。

久保田氏は「許しがたい暴言が影響し、劣勢だ。自民党が『敵失』で生き残るだろう」と予測した。

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  3. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿