甲府放火・逮捕19才少年 計画性の高さと「少年法改正まで半年」のタイミング

ポストセブン
全焼した井上さん宅
全焼した井上さん宅

「少年法」が未成年の犯罪者を庇護するのは、「未熟ゆえの犯行であり、更生の余地がある」という前提に立つからだ。ならば、計画的かつ残忍な凶行で家族の日常と生命を奪った、あまりに身勝手な19才の少年に、守られるべき余地は残されているのだろうか。

近所でも評判の美人姉妹は、両親を失った突然の悲劇に憔悴しきっているという。特に、“ターゲット”にされた姉(19才)は、「私のせいだ」と自責の念で自らの心を傷つけている。かたや、身勝手な理由で2人の命を奪った19才の少年Aの名は、かたくななまでに秘されたままだ。

10月12日未明、山梨県甲府市郊外で発生した住宅火災。家屋が全焼し、焼け跡から50代の夫婦、井上盛司さんと妻・章恵さんの遺体が見つかった。

「パン、パンという爆発音で飛び起きました。窓からのぞくと、火の手が家全体に回っていて、夜の闇の中に大きな火柱があがっていました」(近隣住民)

かろうじて焼け残った1階部分の骨組みが、火災の激しさを物語っている。しかし、井上さん夫婦の命を奪ったのは炎ではなく、刃物で10か所以上刺されたことによる失血死。内臓にまで届く深い傷もあったという。

「火災発生から15時間後、現場から20km離れた駐在所に“人を殺してしまった”と男が出頭。警察は19才の少年Aを任意同行し、13日未明に逮捕した。Aは顔にやけどを負い、右手小指を骨折していた」(捜査関係者)

◆不登校を家族で乗り越えた

家族に温かい視線を送る温厚な父の井上さんと、地域の活動にも積極的に参加する活発な母の章恵さん。15年ほど前からこの場所に住む一家は、どこにでもある仲よし家族だった。 「お姉さんは中学時代に不登校になってしまった時期がありました。ですが家族の支えもあって、定時制ながら高校にも通えるようになった」(前出・近隣住民)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性