東京株午前終値、93円安 一時200円超下落も下げ渋る

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区(松本健吾撮影)
東京証券取引所=東京都中央区(松本健吾撮影)

21日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落して取引を終えた。午前終値は93円84銭安の2万9161円71銭。東証株価指数(TOPIX)は4・39ポイント安の2023・28。

20日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均は続伸したものの、ハイテク株中心の米ナスダック指数下落や、ニューヨーク原油先物の続伸などを嫌気した売りが先行する展開となった。日経平均株価の下げ幅は一時、前日終値から200円を超えた。ただ、3月決算企業の9月中間決算発表が今後本格化するのを前に様子見の姿勢も強く、その後は下げ渋った。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」