コロナ禍後、36%の企業が「人員拡充」 デジタル人材に需要

産経ニュース

大阪商工会議所は21日、新型コロナウイルス禍後の雇用見通しをめぐる調査結果を公表した。経営悪化などを背景に、回答企業の2割超がコロナ禍前より人員を減らしているが、アフターコロナ(コロナ収束後)では3割超が増やす意向を示すなど、企業の採用意欲が改善の見通しであることが明らかになった。

大商は会員企業を対象に9月に調査を実施し、255社が回答。コロナ禍前の令和元年と比較し、人員が「減少」したとの回答は22%だった。特に「サービス・販売職」「事務職」を減らしたとの回答が多かった。コロナ禍による経営悪化や、IT化による事務作業の省人化などが背景にあるとみられる。

一方、コロナの収束が見込まれる3年後の令和6年の企業人員数の見通しについては、36・9%が「増加」と答え、「減少」は9・4%にとどまった。業種別では、20%が「サービス・販売職」、18・8%が「IT・デジタル職」を増やすと回答しており、景気回復による営業人員の拡充や、企業のIT化促進の人員増が見込まれている。

ただ、IT・デジタル職をめぐっては、大企業の32・8%が増やすと回答したものの、小規模企業は9・1%にとどまるなど、社内のIT化への意欲で差もみられた。

  1. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!

  4. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走